最近、新規株式公開が盛んになってます。金融緩和の影響で、プチバブル??が起きて株価が高くなっていることも大きな要因となっているように思います。

株式を上場すると、借入によることなく新株発行により株主より資金調達をできるというメリットがあります。また、上場会社となることにより、対外的な信用が補完されて、営業を行ううえで有利に働くというメリットもあります。
それ以外にも、借入を行っていた場合に、通常、オーナー企業であれば、借入時にオーナー個人所有の不動産に抵当権という担保を設定されることが一般的ですが、上場時には担保を取ります。これにより、オーナーの個人資産が会社と完全に分離され、仮に会社が傾いたとしても、オーナーの個人財産は保全されることになります。
配当金についても、徴収される源泉税が上場会社の配当金については、それ以外の会社の税率に比べ安くなっています。オーナー社長はこの点でも上場メリットを享受することができます。
なにか、至れり尽くせりですね!

新宿区・渋谷区・千代田区のみんなのコンサルティング型会計事務所(公認会計士税理士事務所)
しながわりえこ税理士事務所/しながわりえこ公認会計士事務所