前回、監査は科目単位で分担が決められるという話をしましたが、今回は、現預金の監査手続きの詳細についてのお話になります。

現預金は、残高について評価という話がありません。そのため、現金は、期末残高の実査を行い、預金は、期末残高について確認状による確認という手続きを実施します。現預金は、実査調書や確認状との突合を行えば、概ね監査手続きが完了するので、ある意味非常にシンプルで新人が一番最初に担当する科目になります。

そうはいっても、現預金でも気を付けないといけない点が何点かあります。定期預金がある場合の預入期間の確認。これは、1年以上の定期預金であれば、流動資産の現金及び預金ではなく、長期性預金として固定資産に計上しなければならないためです。また、一般に、キャッシュ・フロー計算書の現金及び現金同等物は、預入期間が3か月以内の短期の預金のため、預入期間が3か月超の預入・払戻の有無や預金残高を現預金の科目調書で確認をしておくとよいです。定期預金残高の預入期間については、口座ごとにすべて記載をしておくとよいでしょう。ここまでやっておけば、少なくとも先輩からは関心されるでしょう!

つづく

新宿区・渋谷区・千代田区のみんなのコンサルティング型会計事務所(公認会計士税理士事務所)
しながわりえこ税理士事務所/しながわりえこ公認会計士事務所