有価証券や投資有価証券などの投資科目は、まとめて、投資として監査科目としての割り振りを行うのが一般的です。一般事業会社であれば、それほど、複雑な金融商品があることは少ないと思われます。

一般的に、金融商品の基準に則った処理を会社が行っているかを監査することになります。保有目的に応じて、有価証券なのか、投資有価証券なのか、関係会社株式なのかなどを判断します。

また、上場有価証券か非上場有価証券かで、監査手法は大きく異なります。上場有価証券であれば、数量は確認状、単価は時価情報との照合により確認します。非上場有価証券は、数量は確認状で確認し、金額は過年度からの積み重ねで立証し、減損の有無が重要となります。非上場株式の減損の要否については、直近の決算書を入手し、一株当たり純資産金額が帳簿単価を下回っていないことを確認します。なお、減損を行った有価証券の税効果の処理は特殊になっているので注意が必要です。

ゴルフ会員権は、株式方式か預託金方式かで処理が変わるので注意が必要です。一時期、よく銀行に進められてお付き合いで見たのが、金利スワップです。特例処理のものが多いのですが、特例処理が適用できないものは、時価評価が必要になるので、注意が必要です。

海外取引がある企業でよく見かけるので、為替予約です。為替予約は、そもそもヘッジ会計が適用できるのかの判定が一番難しい部分になります。事前の評価、事後の評価、ルールの有無などからヘッジ会計が適用できるかどうかの判定を行いますが、ヘッジ比率が高すぎないか、ヘッジ期間が長すぎないか、ルールを守っているかというような観点から投機ではなくヘッジであると判断できるかどうかという辺りがキモになるかと思います。