非上場会社などで、よくある販管費のエラーは、株式交付費等の営業外費用が販管費に計上されている。販管費の中の雑費の中に、本来的には営業外費用として計上するべき項目が入っているなどです。

逆に、本来的には売上のマイナス又は売上原価として計上するべきものが販管費に入っている場合もあります。しかし、これらのミスは段階損益には影響を及ぼしますが、最終損益には影響を及ぼさないため、比較的軽微なミスといえます。

では、販管費で、最終損益に影響する科目ってどんなものがあると思いますか?

例えば、未払費用や未払金の未計上といった本来的には、支払い自体はまだ発生していないけれども、当期に販管費として計上しなければいけないものが計上されていないという場合があります。例えば、テレビでの広告宣伝費等は、金額が非常に大きくなるので、このような金額の大きな費用の未払い計上がなされていないとすごく大きな影響があります。

1発で大きくなる項目は、間違ったときの金額が大きいので基本的に要注意ですね。

他にも、その他資産と販管費は密接な関係があり、既に資産性のないものが、一定期間で償却されている処理が継続されていないか、資産性がないものが償却もなく資産計上されていないか、一括で費用処理されているが、本来的には、一旦資産計上したうえで償却計算するべき性質のものがないかなどの視点で監査を行うことが重要です。

礼金や敷引きなどは、よく上記のタイプのエラーとしてでますね。また、長期前払費用は、しっかり中身をみないといけないですね。商標権や特許権などがあるときも、内容をよくチェックしないと、まだ認可がおりておらず本来的には、費用処理しないといけない部分が資産計上されていたりしますね。

単に、機械的に増減分析をする、月次推移分析をする。ヒアリングした結果を内容がよくわからないけど、経理の人が間違いなさそうにコメントしていたというだけで、そのまま調書に書くというのでは、監査になってません。わからないことは、わかるまで聞く、経理の人に聞きにくいのであれば、内容を理解してくれそうな先輩にどういう意味か聞いて、さらに突っ込んで聞いても良い事象かどうか確認するといいでしょう。

監査理論的には、こういう話はないですね。手続書にやるべき作業内容が書いてあって、機械的にそれをすべて満たすように監査をすれば、良いということになってますが、深い増減分析、月次推移分析、ヒアリングをするということは、エラーを見つけるという意味では非常に重要です。

そうそう、バウチング(証憑突合)って実はとっても難しいんです。SOXの運用評価での責任者の押印があるかどうかを確認するみたいなバウチングは簡単ですが、財務諸表監査でのバウチングやSOXの整備評価手続きでバウチングはとっても難しいんですよ!

新宿区・渋谷区・千代田区のみんなのコンサルティング型会計事務所(公認会計士税理士事務所)
しながわりえこ税理士事務所/しながわりえこ公認会計士事務所