その他資産・負債の監査は、一般に新人の科目となります。しかし、結構エラーが潜んでいるものです。例えば、人件費に関係する科目がその他資産・負債には存在しますが、特に労働保険については、間違った処理が継続していて、多額のエラーが生じる可能性があります。

労働保険で1年分を3回に分けて支払う場合は、一旦、前払いした分を前払費用などの科目に入れて溜めておき、費用計上の仕訳とは切り離すことが実務上は多いですが、このケースにおいて、前払費用を消す仕訳が漏れるケースが散見されます。ミスのパターンは様々ですが、資産と負債が両建てで膨らんでいる場合は、総資産が膨らむのみで損益にインパクトがないですが、本来費用処理していないといけないのに、前払費用に残ったままになってしまっているとそれなりの損益インパクトのあるエラーが発生します。

また、その他資産・負債に資産性がないのに資産として計上されている科目が存在するということも散見されます。例えば、何らかの理由で長期前払費用として計上したが、その既支払額から得られる効用がなくなる事由が発生しているにも関わらず、いつまでの規則的な償却を行ってしまっているということがこの事例に相当します。そこそこよくあるので注意が必要です。

基本的に、その他資産・負債は、金額が小さいので、手続きをやり過ぎないという注意も必要となります。ある意味やりがいのある良く分からない科目が存在したりするので、いたずらに無駄に細かく見る人がいますが、金額的な重要性を気にせずに無駄に手厚いバウチングなどを行う会計士は、残念ながらセンスのない会計士といえるでしょう。金額的に少額であるが気になる場合は、まずきっちりとヒアリングをして、エラーが潜んでいる可能性があり、かつこのまま放置するといずれ大きくなる可能性があったり、質的に重要な場合にバウチングをすると良いと思います。

 

新宿区・渋谷区・千代田区のみんなのコンサルティング型会計事務所(公認会計士税理士事務所)
しながわりえこ税理士事務所/しながわりえこ公認会計士事務所