さてさて、まずは財務諸表監査とは何かというと、試験的な回答でいうと、「他人の求めに応じて、報酬を得て、財務諸表の適否に関する意見を表明する職業的専門家」とか「監査および会計の専門家である。 独立した立場において、財務書類その他の財務に関する情報の信頼性を確保することにより、会社等の公正な事業活動、投資者及び債権者の保護等を図り、経済の健全な発展に寄与することを使命としている。」などなどの表現があるようです。

簡単にいうのは難しいですが、独占業務である財務諸表の監査をすることを生業としている人が公認会計士であるということでしょうか。財務諸表の監査をやるうえで、会計、経理、税務等の知識が必要なので、それらの知識を生かして監査をやらずに周辺業務を専業で行う人もたくさんいます。

ちなみに、公認会計士は、税理士試験に合格することなく税理士登録を行うことができます。弁護士や国税OBの方なども同様です。

個人的には、それぞれの得意分野が違うので、相互補完的に協力して税理士として成り立てばいいな?と思います。

公認会計士が無試験で税理士登録できるということは、当事者間では、デリケートな問題でもあるのですが、私的には税理士は税務が得意であり、会計士は会計が得意ですので、それぞれ知識を融通し合って仲良く仕事をできればいいのになと思うところであります。なにせ、税務と会計は非常に密接に関連し合っているのでどちらかができればいいというものでもないのです。

ちょっと話が脱線しました。。

新宿区・渋谷区・千代田区のみんなのコンサルティング型会計事務所(公認会計士税理士事務所)
しながわりえこ税理士事務所/しながわりえこ公認会計士事務所