日本って3月決算の会社が多いですよね。

海外だと、必ずしも3月決算が多い国だけではありません。日本では3月決算の会社が非常に多いため、公認会計士は、4月から6月くらいが繁忙期になります。特に、4月の中旬から5月の中旬くらいまでの1か月は、それそれは恐ろしいほど、働きまくりとなります。
そのため、残念ながら、ゴールデンウイークなるものはありません。これが一番残念な感じです。監査法人によっては、変則日程を組み、ゴールデンウィーク中の祝日を平日扱いとして、別の比較的閑散期とされる時期に休日を移しています。
必ずしも閑散期でもないんですけどね。。。

特に、最近は監査をやる会計士が不足していて、どこの監査法人も4月、5月はとても大変なようです。
監査法人の仕事って実は、景気に非常に左右される仕事です。景気が悪くなれば人が余るし、景気が良くなれば人が足りなくなります。
個人的には、一時的な人余り、人不足を会計士試験の合格者数で調整するのは難しいと思いますので、国、大手監査法人が率先して非常勤の会計士を一定層雇用するよう推奨してはどうだろうかと思ってます。

残念ながら、国は、むしろ非常勤では質が下がるので常勤でまかなうように推奨しているようですが、あわてて新人を増やして実務経験がない状態の人員を人不足時に多く使うよりは、ベテランで責任感を持って作業をしてくれる非常勤を多く使う方が監査の水準は保たれるように思います。あくまでも私見ですが・・・。

なお、弊所では、非常勤で働いてくれる方を募集しております!是非、積極的にご応募ください!

当事務所の求人情報はこちらから!

新宿区・渋谷区・千代田区のみんなのコンサルティング型会計事務所(公認会計士税理士事務所)
しながわりえこ税理士事務所/しながわりえこ公認会計士事務所