中国に出張に行った時に、お店によっては、「発票」(fa1 piao4/ファーピャオ)が貰えない場合があります。
中国国内では、「発票」(fa1 piao4/ファーピャオ)を正式な証憑としますので、お店はこれを購入する必要がありますが、
出費を嫌がり、できるだけ配りたくないため、お客に発行してくれないということがあります。
では、領収書「発票」(fa1 piao4/ファーピャオ)がもらえない場合、どうしたらよいか。
中国では、「発票」(fa1 piao4/ファーピャオ)がないと経費処理ができませんが、
出張で行った経費について日本の法人で経費算入をする場合には、「収据」(shou1 ju4/ショウジュ)をもらうようにしてください。
これも難しい場合には、日本から持ち込んだ領収書に金額とサインをしてもらうものでも問題ありません。
「発票」(fa1 piao4/ファーピャオ)は、あくまで中国国内のルールということになります。

 

新宿区・渋谷区・千代田区のみんなのコンサルティング型会計事務所(公認会計士税理士事務所)
しながわりえこ税理士事務所/しながわりえこ公認会計士事務所